1年生も活動開始!コロナに気をつけつつ。。

ここ最近の部活動の様子です。
1年生が入部し、いよいよ放課後の部活も活気であふれています。結局新入部員は何名になっているんだろうか…。
総勢40名オーバーの厚高美術部、いつもいるメンバーはだんだんわかってきたのですが、結局未だ総勢何名なのか把握できていません。。

さて、前回の入部ミーティング後に行った最初の活動。手のデッサンを描いているところです。

例年こうやってまず描いてみよう的にやっているようですが、新入部員の皆さんは一生懸命制作していましたね…。そしてその作品たちもしっかり描けているという…。これ先輩たちも一緒に描いて全部張り出してもおもしろかったかも…。
しっかし、1年生たちはこれからがとても楽しみですねぇ。

クロッキーもやっていました。かたちを素早くとらえる練習としては最適ですね。これ、お試しや気分転換ではなく、毎日の活動としてやるといいんじゃないかな…。そして見てもらうことも大事かなと思いますよ。

そして、最近ではいよいよそれぞれが挑戦してみたい分野に取り組み始めています。なんと、もう粘土で頭像を作っている1年生が…。彫塑も楽しいんだよなぁ…。頭像いいなぁ…。

絵画、彫刻、デザイン、メディア表現…。様々な分野に積極的に取り組める環境がある、これって本当にすごいことだと思います。

油彩画を描いている部員たちもホント頑張っていますね。いいねぇ…。
 
 
 
そういえば、ネームプレートを作ろうか、なんて話が出ていました。名前、多すぎてなかなか覚えられないもんね。

この案はその後どうなったんだろう…?このときはティッシュとかで作ってましたけどね笑

さて、こちらの部屋ではラドール(石塑粘土)で作品制作している部員が。

校内の冊子の表紙画を描いたり、これから作ろうとしている作品のエスキースをしたり、構想を練ったり。それぞれがいろいろな活動をしています。

そんなこんなで現在コロナ禍で部活動もままならないような状況の中ではありますが、本校では現時点では平常時より時間を短縮して活動を行っています。
特にここ札幌ではコロナがいつ出てもおかしくない地域でもあるため、日頃から常に意識して気をつけていかなくてはなりません。事実、学校閉鎖や学級閉鎖になっている学校もあるわけですから…。。
普段より活動時間が短いとはいえ、今活動ができていることにありがたみを感じ、時間を大切に頑張っていきたいですね。

明日は高文連全道や全国高総文祭、道展U21の優秀作品の解説を行う予定です。
昨年度、石狩支部では支部美術展が画像審査となり、例年よりひと月以上遅れて9月に開催されました。今年度も正直現時点では昨年とさほど変わらないようなコロナの状況ではありますが、単純に昨年と同様の方法ではなく、このコロナ禍の1年で得た経験や他の専門部の取り組みを参考に、工夫してなんとか作品を実際に見られるような方法を取っていただきたいと心から願っています。

やっぱり…作品が並んで、その場で実際に見る、そして見られることで、リアルな感覚を得ることができるんです。喜びも、嬉しさも、悔しさも、恥ずかしさも、全部リアルでなきゃ体験できない。バーチャルな取り組みでは絶対に成し得ないと思います。
ぜひ、前向きな話し合いをお願いしたいところです…って誰に言ってんだこれ。。

まず、とにかく前向きに、それぞれがしっかりと考えながら、粘り強く「作品」を制作していく環境をより強めていけたらと考えています。
 
 
 
 
おまけ。
情報量が多い画像のパロディ画像が部員より送られてきたので掲載しておきますね。

うん、おもしろい笑
でももう少し情報を盛り込んでもよかったかもね…!笑

新入部員を交えての初ミーティングは…!!

本日4月20日は、新入部員を交えての初ミーティングの日でした。

この日参加した新入部員の数はというと…なんとなんと17名…!!すごい人数が入部してきた…しかも男子もしっかりいるという…!入部おめでとうございますっっ!!

そして、1〜3年の部員総数はというと…参加できなかった人もいたりして正直よくわからないんですが、推定45名ほど…?!市函美術部ではMAX38名だったような記憶なんですが、さすがは美術系列を持つ高校、想像以上の部員数でただただ驚くばかり…!!!やばいです、この人数は…!!!

一瞬だけマスクを取って記念撮影!!

今回ブログを始めたということで、部員にも肖像権というか顔出しNGなどについて確認も取りました。そのため、ここには写っていない人やマスクを外していない人もいるんですが、それにしたってこの人数は圧巻としかいいようがない…。もう完全にクラスですよ、クラス…。

そして、普段はマスク越しで接しているため、写真を見ても逆に誰が誰だかわかりにくいという…。ようやく少しずつ覚え始まったというのに、この写真見たらより混乱してきました笑
でも、みんないい顔してますねぇ!

さて、最初のミーティングということで、部長さんと副部長さん2名からまずはひとことごあいさつ。

そして、顧問よりひとこと。絵画の高橋先生よりお話をいただきました。ああ、もうおひとりの川上先生の写真を撮りそびれてるし。。なぜだ……申し訳ございません…。。

というわけで顧問たちの挨拶ののちに、私の方から部活動のこれからの方針についてお話をさせていただきました。
簡単に言うと、「部活動を満喫しよう」ということでした。そして、そのためにどういう心づもりで取り組んでいってほしいか、作品は自分の鏡であるということ、そして感謝の気持ちを持って、有限である高校生の時間を全力で取り組んでほしいな、ということなどを。。まぁ、前任校的にはいつもの話みたいなことなんですが、思い切ってぶつけてみました。

私は授業でも雑談でも話が長いということでもはや有名?になってしまっているんですが…それはただ単に「伝えたいこと」がたくさんありすぎて困っちゃうから全部言っちゃえ、的な感じなんです。
わかってるんです、小出しにすべきなんだってことは。だいたい、来たばっかりの人間が偉そうに何を言ってるんだ、今までの流れぶった切ってんじゃねーぞ、っていう思いもきっとあるんだろうなって。でも、ほぼほぼ全員が集まったこのミーティングでしゃべらせてもらえることはある意味最大のチャンスなわけで、そして新入部員もいることですし、あえて遠慮せずに(あ、少しは遠慮したわ)、一生懸命話させていただきました。果たして伝わっているのかどうかは正直わかりませんが、少しでも伝わっているといいなぁ…。。

でも、これだけの規模の美術部。きっとこれからの頑張り次第ですごい美術部になることは間違いないと話していて感じました。なんせ、みんなの目が輝いていて(一部もう飽きた〜って顔の人もいたかもですが)、こりゃいろいろ話したいぜ!と思わずにはいられないんですよね。
4月が始まってからまだあんまり部活に出てこられていない部員もいるようですが、ぜひここをひとつの区切りとして、まずは高文連の大会に向けて始動していってほしいなと切に願っています。

その後は、それぞれからの自己紹介タイム。

3年、2年ときて、最後は1年生から。

アニメやマンガなどの共通の趣味が出てくると、拍手で大盛りあがり笑

1年生たちも、早く厚高美術部に馴染んで、目標を持って頑張っていきましょう!!

先輩たちは本当に新入部員たちを大歓迎してくれました。この自己紹介の風景も、なんだよ心配することなさそうだな…って思いましたね。
そして、ミーティングがお開きになったあとも、一気に1年生に駆け寄ってワイワイやっているさまは、さすが高校生…と感心せざるを得なかったです。すごいねぇ…すぐ打ち解けちゃうもんね。若いって素晴らしいわ…。。
これをひとつのきっかけとして、学年の上下の関係をどんどん超えて交流し、みんなで互いに切磋琢磨して頑張れる美術部をまずは目指し、部活動というものを満喫してほしいと思います。僕らには、結局のところ、きっかけをあたえることしかできないんです。

この部活動という時間は、本当にかけがえのない時間です。そしてその時間は、やればやるほど、のめりこめばのめりこむほど、輝きを増していきます。
そして、その中から本当に自分がやりたいことを見つけ、それが将来につながっていくかもしれない…そんな人生を変えてくれる出会いと経験が詰まっています。

さぁ、始まりますよ!令和3年度厚高美術部!!全力でサポートして応援していきます。自己実現のため、人として大きく成長できるこの場所で、ぜひとも頑張っていってほしいと願っています。やりましょう!!

ここ最近の活動の様子!

ここ厚高美術部の最近の活動の様子を写真で紹介します。
ちょっと時系列的には前後しますが、ご容赦ください。

厚高には、美術に関する教室が4つもあります。美術室にデッサン室、彫刻室にメディア室…。
部員はそれぞれの部屋にて各々の制作や活動に取り組んでいるのです。すごいでしょ。

美術室では、主に絵画系の部員が頑張っています。

6月頭に締め切りの高校生国際美術展に向けての油彩画を制作中です。

こちらの部員たちは土日もやってきて毎日制作に勤しんでいます。よく描き込まれていて、キャンバスから時間がにじみ出ていますな。

こちらは我らが厚高美術部3年の部長さん。鏡を見ながらの自画像に取り組んでいました。鏡を見ながらの自画像は基本なのですが、案外難しいんですよね。頑張っています。

厚高の美術部には男子部員が多く(まだ何人在籍しているかは把握できていませんが…)、彼は本来絵画メインではないようですが、「描きたくなった」とパネルで制作をするようです。いいね。

こちらは新入部員獲得に奔走する部員。体験デッサンの看板を掲げ、頑張って走り回っていたようです。

美術室の隣のデッサン室では、体験クロッキー会が開催されていました。1年生がたくさん…!
明日の新入生を交えてのミーティングを控え、新入部員はなんと10名を余裕で超える人数が集まっているようです…!すごい…!勧誘の甲斐があったね…!!

そしてこちらがメディア室。ある意味厚高のウリのひとつでもある部屋で、生徒用iMacがなんと30台もあります。それぞれにAdobeのPhotoshopとIllustratorがインストールされていて、コンピュータでのデザインに関わることなら基本的になんでもできちゃうすごい部屋。

新入部員を獲得すべく、ホワイトボードに看板を描く部員たち。なぜか右側は書道部の勧誘のための文言も…。仲いいのかな?それはそれでいいことですな。同じ文化系部活だしね。

そんなメディア室ですが、なぜだかわからないのですがキーボードが結構ハードな使われ方をしていたらしく結構汚れておりまして…。これ綺麗にならないかな?と部員に相談したところ、ぜひやりましょう!と、メディア部隊が張り切って拭き拭きしてくれました。

こんなに薄汚れて…iMacちゃんがかわいそう…。。

というわけで、このキーボードが………

こーーーんなに綺麗になりました!!いや、もはや新品の輝き…!!やれば、できる!!

そのほかにもペンタブレットやマウスもピカピカにしてくれ、とても気持ちいい空間になったメディア室。
毎日放課後は部員でごったがえしています。
それぞれペンタブを使って思い思いにデジタルイラストを描いてみたり、いろいろ調べながらこれから何をやっていくのかを考えてみたりと、様々な活動をしています。

こちらでは、顧問が持ってきたチェコのアニメーションDVDを観たりしています。
アニメーションっていっても、様々ですからね…。こういうアニメーションを求めているかどうかはとにかく、様々なものを見て自分の中の”引き出し”を広げ、感性を磨いていくことが大切なのです。

そんなこんなでたくさんの部員たちがいろいろなことに取り組み、とても幅広い活動を行っています。

というわけで、先程も書きましたが、明日はいよいよ新入部員を含めた全体のミーティングが開催されます。
これから厚別高校美術部の活動がどうなっていくのか、どう広げていくのか、どういう部活動になっていってほしいのか、そのあたりを中心に話をする予定です。

このブログを執筆している顧問である佐々木は、10年間勤務してきた市立函館高校を離れ、今年度厚別高校に赴任したばかりの厚高新入生みたいなもので、未だバタバタで右も左もよくわかっていない状況ですが、活動の雰囲気や部員たちのいきいきとした目を見ていると、なんだか期待せずにはいられない…。
これからが本当にとても楽しみな集団です。それぞれが目標を持ち、その達成に向かって努力していけるよう、これから一緒にいっぱい頑張っていけたらと考えています。応援よろしくお願いいたします。
 
 
 
おまけ。
夕焼けが綺麗だ…!!ってみんな写真撮って盛り上がっていました。

うーむ…どこの子どもたちも、きれいなものには心揺さぶられるようだね…。素敵なことだなぁ…。