高文連搬入直前…!と学校祭の様子を少し。

さぁ、学祭も終わり、あとは高文連に向けて全力投球してきた我々ですが、気付けばもう作品発送前日となりました。

実は本校は7月いっぱいが登校日だったため、この週末からようやく夏休みなのであります…。
高文連搬入・展示日は8月3日。そのため前日の8月2日は午後に発送が控えているため、「夏休み」として制作できるのはななんと2日間のみ…。。
今年は高文連リアル実施ということになったとはいえ、分散登校による部活動の制限、学校祭の延期による準備時間の増加、そして授業日の延長もあり、制作時間を確保するという意味ではなかなか厳しいものがありました。

そんな状況では有りましたが、いよいよ目前ということもあって暑いけどみんな頑張ってますよ!

ちなみにこちらはメディア映像部門の様子。

映像作品に関しては作品の提出が一週間前ということもあり、すでに制作は終了しています。
上記の進行で日程的には本当に大変だったのですが、部員たちは最後まで頑張りました。ラストの方ではお互いに出力の仕方を教え合ったりと、協力して取り組む姿も見られましたね。

それぞれオリジナリティを発揮した作品を作り上げることができたのではないかと思います。ぜひ会場で観ていただきたいですね。

しかしまぁ、予想はしていましたが映像作品を作るためにはやはり膨大な時間と根気、そして知識、また先の見通しを持った制作が重要であることが改めてわかりました。あらかた完成してからの作り込み時間がほしかったね。また、オール手描きアニメーションに憧れるのもわかるけれど、それ以外の見せ方もあることを仲間内の作品からも感じられたのではないかと。きっと次につなげてくれることと思います。

映像部門だけではなく絵画も彫刻も、ていうか仕事でもなんでもそうですが、計画的に進めようとしても、どこかしらで不測の事態は発生するものです。今回は特にコロナ絡みが心配ではありましたが、突発的な病気とかありますからね…。
そういったことも織り込んでの計画性が必要であるということを学べたのであれば、それが一番の収穫だったかもしれません。
 
 
 
さて、、
絵画&デザインチームはひたすら描く…描くのみ…!

1年部員の作品を2年の先輩方がアドバイスするシーンも。

ペン画の作品も密度が上がってきています。

立体もいよいよ完成が近づいてきました。

やはり出品が近くなってきた頃に作品の質がぐぐっと上がる部員が出てきています。
どうすればよくなるのか…どうすれば思うような表現になるのかについて、悩み苦しみながらも筆を動かし絵の具を乗せていくことで作品が高まっていくんですね。
そんな作品には、突如として神がかり的にうまくいった場所などが出てきて、私はそういう神がかった部分を「神が降りてる」なんて表現しています。
そして、いかに「神が降りた」場所を増やしていくかが作品を神がからせていくポイントなのではないかと思っています。

そうするためには、やっぱり集中して取り組むこと、なんですよね…。偶然うまくいくことなんてない。それまでの積み重ねがあるからこその神がかった表現なんです。ダラダラなんとなくやっていても、小手先の上手さで見せたとしても、やっぱり本気で集中していた人にはかなわないんだよなぁ…。

制作できる時間もあと残りわずか。みんながんばれ…!
 
 
 
 
話変わって、先日の学祭の様子を少し。
今年の厚高祭は1日日程ではあったものの、大変な盛り上がりを見せてくれました。

移動時に部員発見!すぐポーズ取ってくれました笑

さて、今年は初めて駐車場にステージカーを設置してのクラスパフォーマンスを行ったのですが、想像以上にテンションが上がりましたね。

学校のステージなどではなく、いつもと違った場所で行えたというのも生徒たちには好評だったようです。
やっぱりいつもとは違う日なんだ、っていうスペシャリティ感って大事ですよね。

また、こちらも初の企画。「あつこうグルメマルシェ」と称して、キッチンカーを学校に呼んで食べ物を販売してもらったのでした。

2・3年次美術系列「ビジュアルデザイン」の授業で制作したPOPも完成し、飾っていただきました!

校内での展示の様子。

こちらで想定していた以上の素敵な出来栄えで、お店の人たちにも大変なご好評をいただき、数枚くらい使ってくれたらいいかな…と思っていたのに、殆どの作品を飾ってくださり、またお持ち帰りいただいたものについては、実際の店舗でも使用してくださっているとのお話もいただきました♪

実際の店舗にまで飾ってもらえるだなんて…
作品を制作した生徒たちもきっと喜ぶことでしょう^^

そんなこんなでグルメマルシェも大繁盛!!

事前に食券販売を行ったことで行列も予想以上にできず、きちんとソーシャルディスタンスを図って実施できました。

このグルメマルシェの様子ですが、なんとテレビ局のUHBさんとTVHさんが取材に来てくださいました。
テレビで厚高祭の様子も流れましたよ!

コロナ禍の”学校祭”スタイルは? キッチンカー9台ずらり「グルメマルシェ」フードロス削減もテーマに」UHB公式サイトニュースページより
 
 
 
そして学校祭のラストは花火が上がり、昨年開催できなかった厚高祭への思いを取り戻すかのようなイベントとなりました。

厚高祭運営の企画・運営に尽力してくれた生徒会の皆さん、そしてグルメマルシェのスタッフ、関係の教職員の皆さん、そしてこの厚高祭を盛り上げてくれた全ての生徒たちにお礼を言いたいです。みなさん本当にありがとうございました。そしてお疲れさまでした。
来年はどういったかたちの厚高祭になるか、今からまた楽しみですね。
 
 
 
 
おまけ。
ポスター制作に携わった二人がたまたまメディア室に来たのでうちわをあげました。他の人にもあげなきゃな。

おまけ2。
髙橋先生はいつもいつも私のためにコーヒーを入れてくださってるんです…。私はただそれをいただくばかり…。
私の体の一部は髙橋先生のコーヒーでできているのであります。ありがたやありがたや…。

厚高祭ポスター、できました!

今年の厚高祭のポスターが完成しましたーーー!!

ポスターを誇らしげに持つのは、今年のポスターの制作に携わった5名のプロジェクトメンバー(3年1名・2年4名)。

そしてこれが令和3年度第38回厚高祭のポスターです。

キャッチコピーは、「その一瞬でさえ、青春になる。」
 

「おはよー!」すれ違いざまにぽんっと肩を叩いてそのそばをすり抜けていく友達。
そんなよくある日常の一瞬でさえも、切り出してみたらそれは青春のひとコマ。

いつものあたり前の風景も、その真っ只中にいるときは、その大切さ、美しさに気付けないかもしれない。

でも。
そんな点のようないろんな一瞬が集まって、ひとつのおおきな青春をかたどっている。
他愛も無いおしゃべり。大変なときに励まされる一言。だれかが笑ってくれた。
そんな一瞬でさえ、あとから思い返せば青春だったんだ。

コロナ禍で大変な日々ではあるけれど、だからといって青春が奪われたわけではない。
二度とは来ないさまざまな一瞬を大切にしてほしいという思いが込められています。

ここに至るまでに数十の様々な案が出され、一文字一文字を厳選し、5人+顧問の思いを集約して生み出されたキャッチコピー。
何度も声に出して読んではちょっと変えてみたり、ガラッと変えてみたり。そしてついにこれだ、と言葉がハマったときの喜びはなんとも言えない心地よさでした。

ちなみに、途中まで有力候補だった「『高校生』は、夏の季語。」というキャッチコピーは、最終的に写真をはめ込んだイメージだとちょっとわかりにくいね、ということでボツに。しかし、それをポスターの写真下部にインスタのハッシュタグ風表現として残されたのでした。
 
 
 
こちらはうちわになります。

当初の予定では横写真によるポスターを考えていたため、その写真を使って広さをあらわしてみました。
こちらは生徒全員に配布されることになっています。

これまでの厚高祭のポスターは生徒が制作したイラストをもとに作ってきたそうですが、今年はガラリとその雰囲気を変えてみました。
最初はイラストのイメージもあったんですが、そこからそれはもう様々なアイディアが出てきて、どれも面白いんだけど、実際作るとしたらどれだろうね、と一つの案に固執せず、ひたすら話し合いに時間をかけてきました。

正直このポスターの案になったとき、元気で活発な厚高生に受け入れられるのかがやや心配だったりもしたのですが、蓋を開けてみると結構評判はいいようです。まぁ、大人には受けるかな、とは思っていたのですが、ちゃんと響いていたようで良かった…。まぁ、考案しているのが厚高生なんだからそりゃ大丈夫なんでしょうが、何事も最初は不安だったりしますよね。
ポスタープロジェクトの5人の部員も、長い間高文連そっちのけで頑張ってくれました。お疲れさまでした!
 
 
 
そうそう。
学校祭といえば、今年の学校祭では「あつこうグルメマルシェ」と銘打って、いろいろな食べ物関係のキッチンカーに来ていただくというイベントを行うのですが、そのイベントに合わせ、美術系列の授業「ビジュアルデザイン」においてお店のPOPを作ることに。

まだあえて公開はしませんが、かなりいい感じの作品がたくさん出てきそうです…!
これらのPOPは学校祭当日にお店の人たちに見ていただいて、もし気に入ったものがあればキッチンカーにて使ってもらおう、と画策しているのでした^^

なんせ「あつこうグルメマルシェ」自体が自分が打ち立てた企画のため、いろいろ好きにできるんです。
学校祭当日はフリーペーパーやテレビ局がこのグルメマルシェを取材してくださるとのことで、当初の話からどんどん大きくなってきてしまったのがやや不安ではありますが、多分大丈夫でしょう笑
 
 
 
さて、そんな学校祭に向けて動きつつも、我ら美術部は高文連がどんどん近づいているのです。

制作は、順調…なのだろうか…。。どうしても学校祭のこともあってそれぞれ忙しいようです。が、時間の合間を縫って美術室で制作に励んでいます。

8月3日の搬入まであと18日…。映像部門に至っては、提出日が早いため残り10日…。学校祭の日は活動する余裕は全く無いとなると、ここからさらに1日引かなくてはならないのです。本気で時間がない…。

コロナ禍以前であればもう少し制作時間も確保できたのでしょうが、、今年は支部大会リアル実施ができるだけでもありがたいとはいえ、学校祭の日程もズレたり活動時間の縮小もあったりしてしてなかなかきっつい状況です。いやーー、石狩は大会が早くて大変だ…。

ホントに大変なところだとは思いますが、部員のみんなよ、ぜひとも頑張ってかたちにしてほしい。
妥協せず、最後の最後まで作品と向き合って、全力でやりきってほしいと思います。

本当に全力でやったことは、きっと君たち自身の自信になる。頑張りましょう…!!
 
 
 
おまけ。
3年生の先輩がパピコを差し入れしてくれたようです。

おまけ2。
絵画の2年生はいつも謎にテンション高め。いいことです。

おまけ3。
なんか、脳が騙されちゃう写真。一瞬何がどうなってるのかわかりません。

おまけ4。
廊下から教室内を写した写真。窓への映り込みがレイヤーとなって、実に綺麗です。

おまけ5。
ここ最近は天気が良くて夕焼けが綺麗な日が多い。北海道の夏の夕方は涼しげで、実に爽やかです。

高文連に向けて、鋭意制作中!

さぁ、7月ももう7日となりました!あ!今日は七夕でしたね!

さて、高文連に向けて部員たちは毎日頑張って制作しています!締め切りまでもう一ヶ月切ってます!

写真はちょっと前のも混ざってますが、最近の活動の様子を紹介。

油彩画の下地を塗る部員たち。

先輩が後輩に塗り方の指導をしていました。先輩の大切な役目ですね。

絵の具のチューブにこびりついた絵の具を一生懸命剥がしている部員たち。

こうやってみんなのために頑張ってくれている人たちがいるんだなぁ…。感謝を忘れないでほしいですね。できたら、一言「ありがとう」が言えたら最高なんだけど。

教材室には作品が詰まっています。なかなか激しい混み具合笑

メディア室でアニメーション制作を頑張る部員たち。

アニメは制作にどうしても時間がかかります。ただ効率のいい方法はあると思うので、いろいろ工夫しながら自分に合った制作方法を確立していってほしいですね。

デザイン系の人たちも、下描きに入って頑張っています。

油彩画のF30号もそうですが、B1サイズのパネルのような大きい画面に描くっていうのもなかなか気合いが入ります。

そんなこんなで絵画系、キャンバスをいっぱい並べて2つの教室で広々と制作に励んでいます。

ソーシャルディスタンス、大事!笑

絵画の人たちは、自分の作品を描くのに精一杯でなかなか交流がしにくいかもしれないけれど、1年生は特に先輩たちの描き方などを見に行ったり、時にはアドバイスを求めていいと思います。先輩たちは、照れ屋さんな後輩たちに優しく声をかけてあげてほしいですね。

「ひとりで制作しているわけではない」ということに気付くことがどれだけ大切なことか。それが部活動としての素晴らしいところなんです。

とはいえ…ほとんどひとりで制作している人もいたりして…。。

彫刻系ですね。ま、ほかにも彫刻をやっている部員は数名いるんですが、このときはひとりで頑張ってました笑
これからどうなって仕上がっていくか楽しみです。

用があって準備室に入ると、絵画系の1年生が集められていました。

現時点での進行状況についてや、そもそも制作をしていく上での意義などについて、高橋先生からお話があったのでした。

今回初めて大きな作品を描く1年生たち。
おそらくそのほとんどが「作品の完成」がどういうものなのかというイメージが、中学校までの感覚なのではないかと思います。
私は、油彩画は「塗る」ものではなく、「つくる」ものだと考えています。「塗る」って言葉は、なんか単純な作業に感じてしまうんですよね。なんていうか、塗り終わったら終わり、みたいな。

そうではなく、特に油彩画に関しては、一度絵の具を置いただけは薄っぺらく見えるため、何度も何度も繰り返し絵の具を重ねていき、油絵の具が持つ独特の質感を高めていくことや、重色(重ね塗り)の表現で深みを与えることで油彩画ならではの重厚な表現(厚塗り、というのとはちょっと違うんですが)がポイントになってきます。

自分からは、イメージとしては「同じキャンバスの中に10回絵を描くつもりで」と話しています。
それくらい繰り返し絵の具を乗せ、何度もかたちを確認し、色味を調整しながら、そして最後はひたすら描き込んでいく…。重ねればえらい、というわけではなく、考え方も様々ではあるんですが、とにかく自分の作品と向き合い、逃げずに最後の最後までキャンバスと格闘してほしいという意味を込めての、10回描け、って話です。
でも…ホントにそこまで出来たら、全国も夢じゃない…かも。ま、乗せりゃいいって話ではないんですけどね。

そういえば、今日のメディア室はいつもより閑散としていました。

多分21日に開催される学校祭が近付いてきていて、いわゆる学校祭スパイラルに巻き込まれているのではないかと。。

ただ、、、そんなことも言ってられません。

そう、高文連の映像提出締め切りまでに制作できる日数は、今日(7月7日)を含めてあと19日しかないという…。
支部大会の搬入日は8月3日なんですが、映像部門はそれよりも一週間以上も早い7月26日なんですよね…なんでこんな早いの…。。

ちなみにそれ以外の作品の残り制作日数は、同じく今日を含めるとあと27日…。こちらも一ヶ月を切っています。

……今日とある部員に「締め切りまであとどれくらいあると思う?」って聞いたら、「40…数日くらいですかね」とかトボけたことを言ってきて、んーーやべぇな、って思いました。締め切り、わかってないんかい…。。

ほかにもわかってないのがいたら嫌なので(いないと思うけど)、大きい文字で改めて!

映像提出日 7月26日(月)
その他作品搬入日 8月3日(火)

そして、その8月3日に展示作業・審査があり、4日と5日の二日間は作品鑑賞日です。搬出は、5日。
各々のスマホのカレンダーにぜひ入れておいていただきたい…。大事な大事なXデーですよ。今年はリアル大会だ…!!楽しみ!!

しっかし、札幌北陵高校美術部さんのブログを見る限り向こうも相当焦っているようだし、多分どこの学校さんも大変なんだろうなぁと想像に難くないですね…。今年の石狩支部は、荒れそう…。。
 
 
 
部員それぞれが日々頑張ってるのはすごーーく伝わってきます。
試行錯誤しながら、悩みながら、頭を抱えながら頑張っている姿をいつもどこかで見かけるたびに、頑張れ…と応援しています。

しかし、頑張って頑張って、間に合いませんでした…は百歩譲って致し方ないかな…とは思うけれど、ダラダラやっていて間に合いませんでした〜締め切りわかってませんでした〜は言い訳にはならない。日数と行事予定、自分の予定を見渡し、具体的な計画を立てて制作していってほしいと思います。
自分の作品(仕事)に対して、責任を持つ。とっても大切なことですよ。体調に気をつけて、頑張りましょう!
 
 
 
おまけ。

ペン画をこれから描く1年生が、3年生の先輩のすげえペン画を見せてもらっていました。

すごいんだよなぁ、彼のペン画。なお、もうひとりのペン画を描こうとしている1年生に「おまえも見に行きなさいよ」と言ったら、「(技術がすごすぎて)怖くて見に行けません…」って言ってました。何を弱気なこと言ってるんだか…笑
 
 
 
 
おまけ2。
学校祭のポスターがなんとか完成し、本日業者にデータを入稿しました。うちわも作りましたよ。

高文連に早く取りかかりたいところなのにね…。でも5名のポスター組は最後の最後まで一生懸命考えまくってくれました。

ポスターの写真撮影には、たまたま帰ろうとしていた1年生が餌食となり、無理やり付き合わされたり笑

当初ポスターに出演するエキストラ役ということで手伝いに来てもらったんですが、結果その写真はボツになってしまいましたとさ。。悪気はない。ごめん。妥協したくないんで。

ポスターは来週中頃には届くので、完成したらブログでもお披露目します。
今までの厚高祭ポスターとは全然違うので、生徒たちに受け入れてもらえるかがとても心配ではありますが…大人の評判は上々です。

そして、グルメマルシェの食券をひたすら作る私…。

いろいろ作り物やら計画やらあるんですが、なんとかだいたい完成しました。よかったよかった…。
 
 
 
 
おまけ3。
部活終了時間、終わりの報告をしに来た部員たち。

相変わらずいつも元気そうでなにより。こういうのに癒やされます笑
 
 
 
 
おまけ4。
先日出ていた虹。

スマホを持ってギリギリの状態で撮りました。綺麗な虹だったな…。