トレースでアニメーションの基礎を学ぶ!

今日の放課後の様子。
メディア室がいつもよりも混雑しています…いったい何があったのか…?

実は、先日よりメディアデザインのメンバーに課していたトレース課題の合評会を行ったのでした。

絵画の1年生もせっかくなので合評会に参加したんですね。

メディアの人たちに自分のトレース作品について簡単に解説を行ってもらいました。

トレースの方法は、各自で短い動画を撮影し、その動画のスクリーンショットをPhotoshopに取り込んで、輪郭をなぞるというもの。そこまで難しい課題ではありません。

でもこの方法を使うと、簡単にリアルな形を線画で表現できるようになります。
そして、ただ「簡単にできる」というだけではなく、人体の構造や躍動感、そして想像だけでは見えてこない細かい動きなどを理解することができるんです。

例えばこのトレース作業をデジタルイラストに応用することもできるし、また単純にこれをつなげていくだけで、リアルなアニメーションを作ることができるというわけ。そこに、空想の背景を組み合わせるなんてことをやってみたら…または写真と組み合わせたら…動画と組み合わせたら……。

ちょっと考えただけでいろんなことにつながるのではないでしょうか。そして、その発想こそが、すごい作品を生み出すことにつながるかもしれないという…。これってとても面白いことですよね。

きっとこの練習を通していろいろ気付くことができた人もいたのではないでしょうか。ていうか気付いてほしい…。

ちなみにこの考え方はアニメーションの基礎ではありますが、絵画の構図決めにも応用できたりします。

さすがは高校生、ちょっとやり方を理解するだけでどんどん制作が進んでいきました。

今回は連続する8コマの写真からトレースを行いました。この8コマというのは、1秒8コマのアニメーションから来ています。

全部のレイヤーを重ねた画像をプリントしたものもあります。

こうすると…1枚の画像の中に複数の動きが見えて、平面作品なのに動きを感じられる作品として受け止めることもできます。
必ずしも止まった一枚絵が全てではなく、こういう見せ方もアリなんですよね。面白いと思いませんか?
ていうか、もうこれだけでも下手したら作品になるんですよ。

そんなこんなで、部員たちは張り出されたものを興味深く見ていました。

ちなみにいくつかの作品をざっくりまとめてアニメーション化してみるとこんな感じになります。

…どうですか、これ。
すごく、可能性を感じると思いませんか…?

なんでも「厚高ではアニメーションが作れる!」と考えて入部してくる人も多いと聞きました。
ただ、いわゆる「アニメーション」といってもそれは様々あって、多くの人はテレビなどで放映される「アニメ」と言われるもののイメージが強いようで…。確かにそういったものも根気さえあれば作れなくもないのですが、実は作業的にも、構想的にも時間的にもものすごく大変。。
そういったものを作るということに憧れを持つことは悪いことではないと思うのですが、今回の実験的な練習は、例えばこういうのもアニメーションなんだよ、こういう見せ方もできるんだよ、こういう作り方もあるんだよ、というひとつの投げかけとして行ってみたのでした。
トレース、線画だけでも、「内容」さえ伴っていれば面白いものができるんです。要は、発想、アイディアですよね。

1年生の彼は、このトレース課題が終わってからすぐにふたつめのトレースをはじめました。

ひとつめのトレース課題の線がなかなか綺麗に引けなかったことを悔しく思ったからだそうです。ちなみにこれがひとつめのトレース。

そしてこれがふたつめのトレース。

なんということでしょう…一回目のトレースよりも断然にきれいな線が引けるようになり、ぐぐぐっとレベルが上がっているのです。これには私も驚きでした。。
あ、勝手に掲載してごめんね笑
 
 
 
今回はあえて作り込みや描き込みについては自由としましたが、こう並べて客観的に見ると、同じトレースでもやり方や密度で差が生まれていることに合評会に参加した人たちは気付いたのではないでしょうか。ちょっと描き込みや影、背景を入れるだけで全然変わるもんね…。トレースの線の入れ方でも、雰囲気はずいぶん変わるし。

要するに、練習と言えど「作品」なんですよね。そういう作品のことを「習作」とも言いますが、エスキースレベルで一瞬で終わらせてしまう人もいれば、じっくり描き込む人もいる。休みの日も作りに来る人もいる。そういうところで差が生まれるんだな。

というわけで、これからもいろいろな「気付き」を与えていけたらと思っています。いろいろ気付ける課題はたくさん用意してますので…。表現の引き出しを広げていきましょう!せっかくいい機材があるんだしね。

絵画の人でも、試しにiMacで何かやってみたいと思う人は、ぜひ遊びに来てくださいな。高文連終わったらでもいいかもですね。
 
 
 
 
おまけ。

1年生の真新しい油彩セットが並んでいます。

ちょっとカスタマイズして自分らしさを出している人もいますねぇ。

道具に愛着を持って使うことって、とても大事なことだと思います。油彩セットなんて、きれいに使えば一生モノですからね…。

おまけ2。

訳有りでパイの実を献上する2年生たかし…。このあと美味しくいただきましたとさ^^

おまけ3。
今日の夕焼けは綺麗だったなぁ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。